読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛は非常に面倒くさい

はい。恋愛は非常に面倒くさいです。これは間違いありません。男はよく女の子が大好たと言われますが、本質的にはそんなことはありません。

基本的には、必要だから「楽しく感じさせられている」に過ぎません。男が好きなのは女の子ではなく、例の行為です。規制に掛かりそうなので、伏せますよー。さらに正確を期すなら、ホルモンの分泌を求めているだけです。

快楽系のホルモンが素晴らしいくらいに出るからこそ、恋愛という非常に面倒くさいこともできるんです。もしもこのホルモンが無ければ、今のように人間が賢くなった世界ではいとも簡単に人類は破滅するでしょうね。

まあ、とはいえ。このホルモンがあったところで、人間はそんな「目先の快楽」に負けないくらい賢くなってきてるんですけどね。結婚率の減少、少子化などの現象をみて分かるように、人間は「恋愛が面倒くさい」ということに気づき始めました。

むしろ、「脳(正確には遺伝子?)に騙されていた」ということにも気づき始めたようですね。

そして、何より世間が自分達を騙していたんです。世間って、別に個人個人が動かせる物じゃないですからね。何となくで形成されてしまうのです。英語的に言うとコンセンサス。

「結婚してようやく一人前」とかね。まあ、世間の言うことに従うのは楽ですからね。世間の言う事に逆らおうとすると、胸に軽く痛みが走ることが実証されているみたいですし。だから、世間に流されちゃうのは仕方ありません。

でも、世間自体の意見もだいぶ変わって来ましたよ。結婚しなくても、別に不思議じゃありません。恋愛したくなくても、変じゃありません。

さて。そんな時代です。恋愛しなくてもいい時代です。本当に、恋愛が絶対に必要ではなくなった時代です。

そんな時代に、あなたはまだ、恋をしたいですか?

それは、どうしてですか?

世間に認められるためではありませんか?ちなみに私は一度、世間に認められるために恋愛をしました。結論から言うと、死ぬほどつまらなかっです。

こんな時代に恋愛をする理由は、いったいどんな理由があるんでしょうか。そしてそれは、どうやったら見つかるんでしょうか(笑)